QPON・高画質ストーリーショー





 
Katsuyama-Daibutu
(番外
清須城

 





個々の写真をクリックすると
静止画像に成ります
尚・写真の右下のstartをクリックで再び自動に成ります



{ 資産家 「多田清氏」 が 父母祖先の恩に報いる為に建立した }
大師山・清大寺 {御自身の名前「清」を付けた}
********************************************************************
 
勝昭和62年5月 奥越・勝山の地に落慶した、大師山清大寺は、多田氏が、大実業家へと立身出世した
恩に報いるかめに、財を投げうって、父母祖先の眠る此の出生の地に建立されたものです
22ヘクタールに及ぶ境内には大仏様をはじめ、日本一の高さを誇る五重の塔や大仏殿に
中国の諸伽藍が配置された巨大な設備だ、大佛殿は奈良のをも偲ぶ大きさで、
「越前出世大仏」とも呼ばれて、参拝されていると言う。五重の塔はエレベーターで昇れば
奥越の盆地を一望できる様になっている、だが豪華絢爛な大仏殿を囲む現状はと言葉うと?
門前町にある、数10軒の土産物屋は、今は閉鎖状態だ、バブル期には観光客で賑わったと
思われる、2軒のホテルや観光バスが、数10台も並んでいたであろう広い駐車場を見渡すと、
何故かしら良き時代の波の乗って出世した多田清氏が祖先への祈りは確かに叶った「大仏殿」でした
しかし。勝山城と・そうして此の大仏殿と言い。可也りの財力が有ったことは確かな事実の様だ!凄い!



 
システム提供・QPON