パピルス草について
{ 蚊帳吊り草の一種 }
神殿の柱や壁に装飾として使われている「パピルス」は紀元前の古代からナイルの河の
河川敷に日本の葦とか萱の様にの多く自生していて、毎年の様に来る洪水の前に刈り取って
{農産物}も同様ですが}乾燥して家を作る等・(登呂遺跡の様に?)生活に欠かせないもので
後にエジプト上部の国が外国との交易などで紙の必要性を感じて。パピルスの茎を叩いて
皮を裂き繊維を作り其れを編んで出来たものがパピル紙で現在は民藝品として大いに
観光土産としても役立っている文化の一つですが。 (和紙の作り方とは違いますね)
☆ では何故にパピルスの花が神殿の柱や装飾に古代から使われたのでしょうか ☆
エジプトは太陽信仰の国でして光の恩賜を受けて強く生きている動物・植物の姿には
憧れと共に崇拝の対象に発展してゆき。自分も強く成りたいと願って。お墓の壁画等
には
生まれ変る時の願望として人間の頭部をライオンにしたり・ハヤブサ(鳥)にしたり
働き者の表徴として昆虫の「糞ころがし」も
古い絵文字によく使われているが。其れに
スフィンクスも、其の強さの表徴として神殿の守り神にまで祀り上げてしまったのか?
☆ パピルスはと言う野草は生活の中では無くては成らなかった
重要な植物で大切な物で
其の花を最高の植物として柱や壁のレリーフに使われたのではと思いました
現在でも国の花として親しまれて。そうしてパピルス紙を特産物として作っていると言う
しかし。量産が出来ないので。かなり高価な物もある様で。其の為に偽造品も多いとか


・・ パピルス草と其の花 ・・
パピルス草の写真は[市民参加]の大金様の御提供です
パピルスの開花をデザインした柱 (1) パピルスの蕾をデザインした柱 (2)

・・・ パピルス紙に書いた絵 ・・・

 パピルス紙の絵画 
ホテルのロビーで歓迎してくれた・エジプト航空の方々です
スチューワデスからお土産に受け取った本物のパプルス紙の絵巻 巻物と合成しています